あなたが読者から著者になる

アクセスカウンタ

zoom RSS 「梅とぴのこ」

<<   作成日時 : 2010/02/21 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

                                    小 島 け い

画像


 2008年4月24日、元のら猫のアリスは五匹の子猫を生みました。五匹は、当たり前のことですが、外見も性格も、皆ちがっていました。

 昨年(2009年)、個展の案内のハガキに使ったのが、ぴのこをモデルにした「愛でる」です。

 それぞれ異なる模様の子猫のなかでも、きわだって目立っていたのがぴのこでした。

 最初は、顔の左半分に黒が入り、右半分は白というその顔から、手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』のジャックと呼ばれていました。でも、そのうち女の子とわかり、「ぴのこ」になりました。

 生まれてから何ヶ月かは、総勢七匹の猫が家のなかにいましたし、当初アリスは、まだのら猫の習性が強く残っているうえに、子猫を産んだことも加わり極端に神経質で、子猫を抱く機会も余裕もあまりありませんでした。

 そんなことも影響しているのか、ぴのこは抱かれるのを好みません。抱いても身体を固くして、顔をぷいと上にあげ、あらぬ方をみています。鳴き声も「にゃあ」とは今だに言えず、たまに押し殺したような声で「アー」と言います。人との距離を保ち、自分の世界のなかで生きているそんな彼女を、私たちは「違う星から来たぴのこ」と呼んでいます。

 獣医さんによれば胃腸が弱いようで、身体もずっと一番小さいのですが、気性は激しく、兄弟のどの子にも、負けていませんでした。手術で入院した時も、「まさかこんな小さな子が・・・・」と気を許しておられた先生にむかって、「シャー!!」と威嚇して驚かせたそうです。

 神経質で、人におもねず、淡々と我が道をゆくぴのこですが、一年半となるこの頃、ようやく、「背中をなでて・・・」とひかえめに催促にくるようになりました。

 アリスと性格がよく似ていて、とても仲のよい親子ですので、この子を母親のそばに残してやってよかった、と思うこの頃です。



●メールマガジンへ戻る: http://archive.mag2.com/0000274176/index.html




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「梅とぴのこ」 あなたが読者から著者になる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる